更新日 13/05/01
 

 呼子中央クリニックは地域の基幹医療機関として、地域の皆様の健康の増進に貢献し、患者さまに最善の医療と、患者さま中心の医療を行います。また、他の医療機関との連携を密にし、地域医療に貢献します。

病棟の特色
 

 私達が、今一番頑張っていることは、すべての患者さまに合った口腔ケアを提供することです。
急性期の口腔ケアから始まり、アイスマッサージ、摂食・嚥下機能評価と様々な段階を経て、口腔機能の回復・維持を目指しています。また、口腔ケアは様々な合併症の予防にも役立ち、咀嚼を促進することにも通じます。
患者さまが食べることの喜びQOL向上へ向けた援助を目標とし実践しています。

【口腔ケアの実践に向けての取り組み】

  1. 患者さまの状態に応じて毎食前後・就寝前に実施します。
  2. 個々の患者さまへ口腔ケアについて説明します。
  3. 患者さまの状態に応じて他職種(医師・理学療法士・管理栄養士)との連携をとっています。

*その成果として↓

  1. 高齢患者さまの合併の頻度が高い肺炎等の呼吸器疾患予防
  2. 食欲回復による栄養状態の改善
  3. 唾液分泌効果による脳の活性化
  4. 摂食・嚥下訓練の前処置としての位置づけ   等です。

【口腔ケアの実践に対する看護師の知識・技術向上への取り組み】

  1. 院内勉強会開催・院外研修会への参加
  2. マニュアル作成
  3. 口腔ケア向上委員会の設立
  4. 学会参加
  5. 研究発表

★平成16年度 第23回佐賀県看護研究学会発表
「当病棟における口腔ケアに関する職員の実践状況」

★平成17年度 第24回佐賀県看護研究学会発表
「経験年数別にみた口腔ケア実践に対する研修の影響度」


一般病床(5床)について
 
 
  • 急性期に対応するための病床です。

療養病床(12床)について
 
  1. 主として、長期に病気療養するための病床です。リハビリテーションや在宅療養の準備期間に対応します。

  2. 入院中の看護は、看護師がいたしますので付添は必要ありません。

  3. 6:1看護
    患者さま6名に対して、看護師1人という割合の、ゆとりのある看護ですので、安心して療養に専念できます。

看護について
 
  1. 看護は病院の理念である
    『良質な医療の提供』
    『優れた医療人の育成』
    『地域医療への貢献』
    『国際レベルの先端医療の開発・応用』
    を基盤に、時代のニーズや医療の進歩、社会の要請に応じた看護を提供します。

  2. 患者さんが健康問題に主体的に取り組めるように、個々のニーズを尊重した質の高い看護をめざします。

  3. 看護が病院組織の中で求められる機能を十分発揮するために、看護部組織を整え、医療チームの一員としての役割を発展させていきます。

  4. 患者さんの個別性を尊重した計画的な看護実践
    患者さんが自らの回復力を最大限発揮できるように療養環境を整え、個々の患者さんの主体性を尊重した看護援助を実践します。

  5. 看護職の成長への相互支援体制づくり
    看護の責務を果たすために、常に啓発しあえる職場環境を作り、進化していく専門職集団の自覚を持ちます。

  6. 自由ななかでの新しい看護の創造
    患者さんサービスの充実・看護の発展のために、日々看護の評価と改善に取り組む職場風土を築きます。

佐賀県看護研究学会発表資料
 

毎年開催される佐賀県看護研究学会にて、当クリニックの看護師たちも発表しています。発表資料を公開いたしますので興味のある方はクリックしてご覧ください。



Copyright (c) 2005 医療法人 水光会 呼子中央病院